ブリティッシュピークの特設クラスについて

現在、ブリティッシュピークの英語留学では、独自で展開する特設クラス(集中特化クラス)をメインに運営されています。
更に詳しく説明すると、一人の英語圏出身となるネイティブスピーカーの教員に対し、最大4名までの生徒が、個別レッスン(Individual Lesson)をメインとした集中特化クラス(Intensive Class)といった形式で行われています。

今回は、この特設クラスに関してよくいただく質問内容、実際にどのような形でクラスが運営されてるかについて紹介します。

質の高い学習環境

特設クラスの特徴は以下の通りとなります。

  • 最大4名となる少人数制のクラス構成
  • 英語圏出身のネイティブスピーカーの教員が担当
  • 1日4時間、週5日がベース
  • 個別レッスン(Individual Lesson)を中心に進行
  • 各留学生の持つ目標、目的に合わせた学習プランを適用

少人数制クラスといった環境で、個別レッスンを中心に進行される特設クラス(集中特化クラス)は、各々の留学生様が持つ目標、目的に合わせた学習内容を受けることが可能となります。
また、1日4時間の授業時間を週5日、更にはホームワーク(宿題)や自習時間も含めると、1日の平均学習時間は約8時間ほどとなります。

特設クラスでは英語のみでクラスが展開

ブリティッシュピークの留学でいただくお問い合わせ内容の中で、特設クラスに日本人がいる環境を不安視されるといった方が多く見受けられますが、この部分で留学における英語学習に大きな支障が出ることはありません。

第一にクラスでは基本的に日本語は厳禁です。英語のみで展開される形で、クラス内で日本語を使用すれば教員より注意されてしまいます。
また、この部分で懸念される方の多くは、グループレッスンを中心とした英語学習を想像されてる方が多いかもしれませんが、前述で述べた通りブリティッシュピークの特設クラスは基本的に個別レッスン(Individual Lesson)中心に進行されるため、クラスメイトの方が日本人であっても、レベルに差があっても大きな問題が生じることはございません。

日本人のいる環境について

記述通り、特設クラスの特性上、仮にそこが日本人のいる環境であってもクラスで行われる英語学習に大きな支障、問題は生じません。
しかし、これはあくまでも特設クラス内のことであって、クラス外となれば話は変わってきます。

これは、どのような国、留学環境であっても同じことを言えるのですが、留学期間中に日本語環境を常に持ち続けることは英語学習にある程度の支障をきたすことがあります。
ブリティッシュピークの留学生の方々にも伝えている内容ではありますが、留学期間中は国際的な交流を積極的に持っていただければと考えています。
今後、留学生の方々には国際的なイベントなどがある際は、積極的な告知や呼びかけを行い、英語を話す環境を多く作れるにしていければと考えています。

個人の目標、目的の達成率を高めるためのクラス形態

特設クラスが運営されている主な理由は、留学生様の持つ目標、目的を達成することを最優先に考え、その結果を出すためとなります。
各々の留学生は、様々な目的と目標を持って英語留学を行われます。

進学のためのテスト対策、就職のためのコミニケーション能力など、様々な理由が存在しますが、各自の目的や目標に沿った英語学習を展開する場合、ベストな学習体制は個別レッスン(Individual Lesson)となります。

ブリティッシュピークの特設クラスは、個々の目標と目的を達成することを第一に考えた英語学習プログラムを展開しています。

最後に

ブリティッシュピークの英語留学を検討されてる方は先ず一度ご相談いただければと思います。
ブリティッシュピークで行われてる特設クラスという存在自体が、多くの英語学校で中々見られないシステムであるため、想像がつきにくい部分もあるかと思われますが、ご相談いただく形で更に細かい説明及び紹介を行うことが出来ます。

BRITISH PEAK
ブリティッシュピークのポーランド英語留学に興味をお持ちの方、ご検討されている方はお気軽にお問い合わせください。
BRITISH PEAK 公式HP