英語能力を習得する意義

現在、英語留学を検討されてる多くの方には、その目的や目標があると思います。
内容は様々で、ブリティッシュピークに留学している方々も各々が異なる目的をもって英語能力の習得を目指しています。

今回はブリティッシュピークが取り扱う英語学習について、その習得する意義も含めて紹介していきたいと思います。

将来、英語は話せて当然の時代がくる


極端な表現ではありますが、民間交流から仕事面も含めて、国際化は止まることなく加速している傾向にあり、世界共通言語ともされる英語は話せて当然といった時代がくると予想されています。
では、具体的にどのような場面で英語が必要になるのか、どんな活用方法があるのかを各項目毎に説明していきます。

仕事面での英語の重要性

国際化が進む昨今、多くの日本企業が国際展開、そして進出しています。
同時に、当然ながら多くの日本企業は英語能力を持つ人材を重視する傾向にあります。

海外に限らず、政府主導による「観光立国」となるべく実施されている観光客誘致のための政策で、外国人の日本渡航者数は年々と増えています。中でも外国人観光客が多いとされる主要都市では、飲食店やショップ店舗などで、外国語堪能な従業員を積極的に採用する動きがあったりと、既に日本国内であっても語学力は仕事面で大きな武器の一つとして認識されつつあります。

そして、英語能力を有することで得られる最大のメリットは、その働くフィールドが日本に限らず世界各地に変わる所にあります。
前述した通り英語は世界共通言語です。ブリティッシュピークで行われてる英語留学プログラムの拠点地ポーランドでもそれは同じで、英語能力を有することで多くの国際企業に働くことが出来たり、大きな可能性と選択肢を得る事ができます。

海外へ進学する選択肢を持つ

上記で紹介した「仕事面」と似た部分ではありますが、世界共通言語の英語能力を有することで、海外の学校機関へ進学する選択肢を持つことが出来ます。
毎年発表される世界大学ランキングでは、トップに順位をつけている殆どの大学が英語圏を中心とした欧米諸国の学校機関が独占している状態が続いています。

国際的な舞台で将来活躍したいという方にとって、英語で学位を取ることは非常に大きなプラス要因であり、多くの選択肢を持つことが期待できます。
ブリティッシュピークの英語留学が行われるポーランドは非英語圏ではあるものの、国際的なEUの国らしく、多くの大学で英語のみで学位が取れるプログラムがあり、毎年多くの外国人学生が入学しています。

国際交流

仕事面と学業面での重要性とは異なる部分にはなりますが、英語能力を身につけるという事は国際交流を深めるきっかけにもなります。
例えば多くの日本で生まれ育った日本人が母国語の日本語のみを話す環境であれば、実質的に日本人口とされる1億人超+日本語能力を有する外国人とのコミニケーション、交流を持つことが出来ます。
これが英語であれば、その数は一気に膨れ上がります。英語人口は約17.5億人とされているため、その規模は日本語人口の約17倍程ということになります。

国際交流を持ち、国際的な友好関係などを多く持つことで、更に海外旅行が身近になったり、将来外国への移住へのきっかけとなったり、人生において様々な刺激を持つことが出来ます。

最後に

今回の記事では英語能力を有することで期待できる内容、その上で英語の重要性について紹介しました。
英語は話せて当然といった表現は少々極端に見えるかもしれませんが、この流れは世界的に進行しています。

ブリティッシュピークの英語留学では、様々な目的、目標に応じて適切な英語学習を提供することが可能となります。

BRITISH PEAK
ブリティッシュピークのポーランド英語留学に興味をお持ちの方、ご検討されている方はお気軽にお問い合わせください。
BRITISH PEAK 公式HP