「TransferWise」を使って破格の手数料で海外送金する方法

今回の記事は破格の手数料と高いサービス性を持つP2P型海外送金サービス「TransferWise」について紹介します。

「TransferWise」の概要

そもそも「TransferWise」とはどういったサービスか、従来の銀行や金融機関が取り扱ってきた海外送金と比べて何が違うのか、先ずはこの部分から説明していきたいと思います。

システムの原理は「地下銀行」と同じ

「地下銀行」という言葉はご存知でしょうか?
銀行法等に基づく免許を持たず、不正に海外送金手続きを取り扱う業者のことを「地下銀行」と呼びます。
つまり違法なサービスということです。
利用する方々は不法滞在の外国人や就労許可を持たない外国人が不法に稼いだ資金を母国や外国へ送金する際に利用されます。

「地下銀行」を営む業者Aは、その銀行拠点を日本の東京とフィリピンのマニラに置いていると仮定します。
フィリピン人のBさんは日本で滞在許可が無いにも関わらず不法滞在と不法就労を行い、得た所得を母国フィリピンの家族へ送金したいと思いますが、不法滞在である身では当然銀行のサービスを利用することは出来ません。

そんな時に利用されるのが「地下銀行」です。
東京で「地下銀行」を営む業者Aの元へ行き、50,000円をフィリピンのマニラへ送金したい旨を伝えます。
仮に当日のレートが20,000ペソであったとして、業者は手数料として通常の銀行よりも割高なレートを要求してくるため、最終的にマニラに送金される額は17,500ペソほどになるかと思われます。
地下銀行で50,000円の受け渡しが終わって時短で取引はすでに完了し、あとはマニラにいるフィリピン人Bさんの家族がマニラにある地下銀行へ17,500ペソを受け取るだけです。

このビジネスは拠点を置く都市や国にある程度の資金力が必要とされます。
言葉では海外送金としながらも、実際には送金手続きなどは行われず、取引の元金を受け取った後は資金を保有する拠点地から手数料(今回の例で言えば2,500ペソ分)を差し引いた金額を払うだけです。

前述した通りもちろんこれは違法行為です。
「地下銀行」を運営している業者は基本的に非社会的組織で、同サービスを利用する方々も多くは不法滞在者であったりすることが大半なようです。

これと同じ原理で、かつ合法的に行えるのが今回紹介する「TransferWise」です。

最大1/8の手数料

「TransferWise」の海外送金サービスは銀行泣かせとも言われるほど、海外送金手数料が圧倒的に低いとされています。
数値で見ると、最大で1/8ほどに節約も可能とのことです。

実際にシミュレーションした上で検証してみます。

日本からイギリスへ5,000GBPの海外送金する場合

「TransferWise」


747,996円

「楽天銀行」


765,750円


「TransferWise」で行えば17,754円分の節約が可能となります。

オンライン上で完結する

これも非常に便利です。
今まで海外送金と言えば、日本だと銀行の窓口まで出向いた上で面倒な書類手続きなどを行う必要がありました。
また、支払いたい通貨の金額を相手口座へ反映する形で送金を依頼しても、レートの変動などによって結局は適切な金額が送金されなかったりと、不便さの多いものでした。
「TransferWise」であればウェブやアプリを利用することで、全てがオンライン上で完結します。
また、支払いたい外貨の金額が正確に送金されます。

日本語に対応している

こういった海外のサービスは日本語に対応していないことが多かったりするものの、「TransferWise」は日本語にもしっかりと対応しています。
そのため、アカウント登録も全て日本語で進めていくことが可能となるため、スムーズにアカウントを取得し、同サービスを利用することが可能になるかと思われます。

日本円に対応している

日本語対応の「TransferWise」はもちろん日本円にも対応しています。
現時点だと法人アカウントからの日本円取り扱いはされていませんが、個人アカウントであれば問題なく日本円での送金なども可能です。
そのため、今後ブリティッシュピークでの留学を予定され、契約する場合はそのお支払いなども基本的に「TransferWise」を利用することが可能となります。

安全性の高いサービス

「TransferWise」は皆さんもご存知の「Skype」を開発したチームが取り組んだ一大プロジェクトで、その高い性能と利便性から既に200万件以上の取引が行われています。
また、FCAから正式に認可された金融サービスです。

様々な利用手段

「TransferWise」は様々な用途で活用できます。
今回はブリティッシュピークの留学生、または留学を予定している方向けの案内として以下のことが「TransferWise」で利用できるようになります。

  • サービスのお支払い
  • 海外の銀行口座に資金移動

サービスのお支払い

ブリティッシュピークの契約の際に発生するお支払いなども「TransferWise」で簡単に済ませることが可能です。
留学直前まで仕事などの都合で銀行の窓口へ行けない方でも、この方法で問題なく対応できるかと思われます。

海外の銀行口座に資金移動

ポーランドの銀行口座は比較的簡単に作りやすいです。
いくつかの銀行ではパスポートのみで口座開設も可能です。
ポーランドでズロチ(PLN)口座を開設したら、日本の銀行にある資金をポーランドの口座へ移すことで、生活費をポーランドの銀行口座で管理することが可能となります。
ポーランドの銀行から発行されるデビットカードにはPayPassなどの機能も備え付けられているため、キャッシュレスの生活を送ることも可能になります。

また、家族からの仕送りに関してもポーランドの口座を持っていれば、家族の方から「TransferWise」を利用して海外送金をしてもらうことも可能です。

最後に

「TransferWise」は海外生活を送る外国人にとって非常に便利なツールです。
今まで銀行でしかできなかった不便なサービスも、オンライン上で簡単にできるようになり、また手数料なども非常に有利な価格帯で利用することが可能となるため、ブリティッシュピークの留学生に限らず、海外で生活を送る多くの方々にお勧めできます。

BRITISH PEAK
ブリティッシュピークのポーランド英語留学に興味をお持ちの方、ご検討されている方はお気軽にお問い合わせください。
BRITISH PEAK 公式HP