TOEFL、IELTS、TOEICなどの英語テストについて

今回の記事では英語学習者が目的とすることの多いTOEFL、IELTS、TOEICなどの英語テストについて紹介いたします。

TOEIC


非営利テスト運営機関ETSによる運営で、日本やアジアを中心とした国で展開している英語テストがTOEICです。
こちらのテストは日本でも聞きなれるほどメジャーな英語テストで、TOEFLやIELTSなどと比べて内容が易しいことも日本で人気の理由として挙げられています。
テストはリーディングとリスニングの構成となります。

TOEFL


アメリカやヨーロッパの大学へ留学を希望する方々が目指す英語テストがTOEFLです。
アカデミックな英語能力が試されるテストで、学習量が大きく結果に反映するテストと言えます。
テスト構成もリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングとなっていて、総合的な英語能力が求められます。
TOEFLのテスト対策で培う英語能力は留学後も必ず必要となりますので、仮に希望の留学先がTOEICなど比較的容易な英語テストのスコアで進学できるとしても、その後のことを考えてTOEFLのテスト対策に向けた学習は強くお勧めできます。

IELTS


IELTSはTOEFLと比べてメジャーとは言えないものの、英語発祥の国であるイギリス系の英語テストということもあって、その英語テストとしての評価や価値は非常に高いと言われています。
イギリス英語がベースとなっているために、特にイギリス留学を意識されてる方にはTOEFLよりも優先すべき英語テストと言えます。
こちらも高スコアを目指すならアカデミックな英語学習が求められ、テスト構成はリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングから成ります。
IELTSの難易度はTOEFL以上とされています。

BRITISH PEAK
ブリティッシュピークのポーランド英語留学に興味をお持ちの方、ご検討されている方はお気軽にお問い合わせください。
BRITISH PEAK 公式HP